「つかれた」「たすけて」と検索している自分がいる

f:id:kamomehachiko:20160531201825j:plain

検索窓はいつだって正しい答えを返してくれる。

 

本当に無意識に、気付いたら「つかれた」とgoogle検索している自分がいる。

 

回答は、「ゆっくり休みましょう」だけだったりするんだけど、その回答を目にしてハッと客観的になる。

 

「あ、私いま何検索してたの?あぶないあぶない…」となるときもあれば、「そうだな、ゆっくり休もう…」となるときもある。

 

googleはロボットだから、私の状況なんてお構いなしで、回答を用意するんだけど、その機械的な客観性が、ときに安心するときもある。これが対ヒトだったら、相手の反応に気を遣ってしまうから。

 

そして、今webの勉強をしているからわかるんだけど、その「ゆっくり休みましょう」という答えのページを作ったひとは、ロボットじゃなく、まぎれもなく人なのだ。

 

インターネットは人との関係を希薄にするだとか、合理性を求めすぎだと言われるけれど、使いようだと思う。

 

実際に私は今日、あまりにつかれて休むことを選んだし、やっぱり休んだらすこし元気になったのです。「ゆっくり休みましょう」と書いてくれたあなたに感謝したい。

 

そして、私のこんな文章も、もしかしたら誰かに届くのかもしれないと思うから、せっかくなので残しておこうと思ったのです。

 

「つかれた」「たすけて」「仕事辞めたい」「泣きそう」「死にたい」

そんな言葉を検索することも、あるよね、たまには。検索したからといって誰かが助けてくれるわけじゃないのはわかってるけど。

 

もし今極限状態なら、このブログにコメントを残してくださいね、お返事くらいは書けるから。

 

そして、私が何度も心折れそうになった時に一番効いた特効薬は「よく寝ること」です。やらなきゃいけないこと、いっぱいあると思うけど、今日は何もしないと自分に宣言して、とにかく眠る。

すこしは元気になるから。

 

なので、今日はおやすみなさい。よく眠ってね。