「好きです」

f:id:kamomehachiko:20160326094451j:image
「いい靴下の色ですねー!」とか、「いい笑顔ですね」とか、レジのお姉さんやギャラリーで居合わせた奥様に、初対面にも関わらず言ってしまいます。
自分が言われてうれしいことは口に出してもいいんじゃないかなっていうのが自論です。

しかしながら、「好き」という気持ちは、わざわざ言葉にしなくても溢れ出てしまうものだとも思う。相手に向き合うその態度や姿勢、言葉の端々から「好き」がこぼれ落ちてしまうものなんだと思っています。私の場合はそもそも顔に出てしまうので、隠しようがないのだけど。

「好き」と「ありがとう」は魔法のことば。惜しみなく与えれば、いつかそれがその人の糧になる。
落ち込んだ時に思い出すことって、尊敬する上司に褒められた言葉や友だちからもらった好きという言葉だったりします。ほんとに、それがあるだけでギリギリがんばれたりするのです。だからたくさん相手に伝えておいてあげたほうがいい。ほんとにささやかな人助けのようなものなので。

なぜこんな話をするかというと、今朝とてもステキなクリエイターさんを見つけたからです。シェアの方法がうまくわからないのでここに書いておきますね。

長持ち|ふとしたソングさん

Eテレの2355みたいに、おやすみ前にそっと聴きたいそんな歌だなあとおもいました。

好きです。