適応障害という病

今がまさにそんな感じなので、忘備録程度に。

この人元気ないな、うつかな?と思っても、周りの人たちはどう扱っていいのか困るものです。

私も自分が精神病を経験するまでは、うつの人だけ仕事が少ないのを見て「甘えでしょ」と言ってしまったことがあります。今思うとそれがどれほど酷い言葉だったかわかります。

今日は、そんなヨワヨワになっているうつ一歩手前人間の心の中について書いてみたいと思います。私の場合は適応障害という病名でした。

 

症状

  • 人と目を合わせられない
  • 人と話をしたくない
  • 周りが笑い話をしていてもそんな気分にならない
  • 音がとてもうるさく感じる
  • 思考能力、判断力が極端に落ちる
  • 今まで当たり前にできていた作業ができなくなる
  • 大勢のひとの前で話せない
  • 心の中が悲しみでいっぱい
  • 突然涙が止まらなくなる

 

そして、一番厄介なのが、これらの症状が自分の意思とは関係なく現れるので制御ができないこと。
制御ができないことほど、怖いものはありません。明日の朝の自分の体調がわからないから予定が立てられない。いつもの自分ならできる仕事でも、何時間かかるかわからない。明日の自分が信じられないので、今動けてる間にできることはしておかないと…という気持ち。
自分でもそんな自分がすごく嫌で、なんとかしたいのにどうにもならない。

そんな時に「甘えてるだけ」なんて言われたら。

特に、適応障害はうつの軽いもの、という言われ方をしているからか、自分でも甘えなのかな…と思っている節があるくらいです。
うつ病とは違って、原因ありきの落ち込みなので、職場から離れれば元気になる人も多いようです。

どういう風に声をかけるべきか

人によって違うかもしれませんが、私は「大丈夫?」と聞いてもらえるのがとても助かりました。
だって、自分からは言葉を発するのもしんどい状態なので、困っていても声をかけられないのです。
そんな時に気にかけてもらえるのは本当にありがたかったです。

これはNG

「甘えてるだけ」「以前はできてたのに」「何が原因なの」
私の周りはやさしい人が多かったのでひどい言葉を言う人は少なかったけど、「前はできてたのに…」と言われると私もそう思うんですよ、としか返せなくてひどく落ち込みました。自分でもどうしていいかわからなかったからです。
「何が原因なの」は、この言葉自体が悪いわけではないのですが、うつ状態の時は頭がうまく回らないので、このように考えて考えて話さないといけないことはとてもしんどいです。原因って複雑にいろんなことが絡んでいるもの。なかなか答えが出ないので、聞く前に早く休ませてくれって何度も思いました。

最後に、うつは脳の病気である

私もきちんと調べるまでは知らなかったんですが、うつってやる気や元気の問題ではなくて、脳の神経回路がおかしくなってしまって起こる病気だそうです。
そう、だから「気合いがたらん!」という励ましはおかしいし、うつ病の薬は正しく合うものを使えばきちんと機能して元気になるのです。

もし、いま自分が少しでもしんどいなと思っているのであれば、ぜひメンタルクリニックに行ってみてください。
もっとしんどい人がいるだろうから自分はまだ大丈夫とか、思わなくていい。
脳の病気なんだから。
高熱だけどみんな熱出してるし…って病院行くのはためらわないでしょう。

治った今は、あの時がとても異常な状態だったのがよくわかります。なみだがとまらなくてディスプレイが見えなくなったこと。タクシーで通勤するほどしんどかったこと。
いまも完治とは言いがたいけど、人生って楽しいなって思える瞬間が何度もありました。きっとそれはうつを経験したから出会えたこと。

長い人生、少しくらい休んでもバチはあたりません。自分の時間を大切に。