「つかれた」「たすけて」と検索している自分がいる

f:id:kamomehachiko:20160531201825j:plain

検索窓はいつだって正しい答えを返してくれる。

 

本当に無意識に、気付いたら「つかれた」とgoogle検索している自分がいる。

 

回答は、「ゆっくり休みましょう」だけだったりするんだけど、その回答を目にしてハッと客観的になる。

 

「あ、私いま何検索してたの?あぶないあぶない…」となるときもあれば、「そうだな、ゆっくり休もう…」となるときもある。

 

googleはロボットだから、私の状況なんてお構いなしで、回答を用意するんだけど、その機械的な客観性が、ときに安心するときもある。これが対ヒトだったら、相手の反応に気を遣ってしまうから。

 

そして、今webの勉強をしているからわかるんだけど、その「ゆっくり休みましょう」という答えのページを作ったひとは、ロボットじゃなく、まぎれもなく人なのだ。

 

インターネットは人との関係を希薄にするだとか、合理性を求めすぎだと言われるけれど、使いようだと思う。

 

実際に私は今日、あまりにつかれて休むことを選んだし、やっぱり休んだらすこし元気になったのです。「ゆっくり休みましょう」と書いてくれたあなたに感謝したい。

 

そして、私のこんな文章も、もしかしたら誰かに届くのかもしれないと思うから、せっかくなので残しておこうと思ったのです。

 

「つかれた」「たすけて」「仕事辞めたい」「泣きそう」「死にたい」

そんな言葉を検索することも、あるよね、たまには。検索したからといって誰かが助けてくれるわけじゃないのはわかってるけど。

 

もし今極限状態なら、このブログにコメントを残してくださいね、お返事くらいは書けるから。

 

そして、私が何度も心折れそうになった時に一番効いた特効薬は「よく寝ること」です。やらなきゃいけないこと、いっぱいあると思うけど、今日は何もしないと自分に宣言して、とにかく眠る。

すこしは元気になるから。

 

なので、今日はおやすみなさい。よく眠ってね。

松浦弥太郎さんの「しごとのきほん くらしのきほん 100」をデザイン目線で書評する。

f:id:kamomehachiko:20160519190728j:image

松浦弥太郎さんの新刊を読みました。
 
私が彼を知ったのはほんの2年ほど前。入院中にamazonでせっせと本を購入しては院内のローソンで受け取っていたのを見かねて、会社の先輩が自身のオススメ本を送ってくれたのがキッカケです。
 
当時は、なんなんだろう、この空気感は…という印象だけが残り、そのあと何度も書店でお見かけする機会がありました。
 
今回の本は「100の基本」の続編で、やっぱりとてもやさしいおだやかな空気感を感じる本でした。
文章を読んでいるだけなのに、これを綴っている弥太郎さんの呼吸や静かな書斎の音まで聞こえてくるような、そんな本です。
 
おすすめ。
 
で、終わるのもなんなので、この美しい本のデザインについて少し話そうかな。
 
f:id:kamomehachiko:20160519192722j:image
まず、表紙の色。この絶妙な水色は私が最も好きな色で、自分でデザインするときもよく使う、水色です。
 
プロっぽくいうと、シアン70%・イエロー30%…20かも?それだけでも美しくてポイント高いのに、このカバーの紙の手触りがすばらしい。
 
紙名を忘れてしまいましたが、普段書籍で用いられるような紙ではないのは確かです。
 
弥太郎さんというと、イメージ的にもっとほっこりシンプルな紙を選びがちだけど、あえてこのゴージャスな凹凸のある紙を選ばれたのはセンスがいい!し、勇気があるなあ!と感じました。
 
そして、オモテ面は水色なのに、背と裏表紙はほとんど白に近い極々薄い水色。私はここに一番感動しました。ここ1年ほどの中でも一番感動したといってもいいくらい。
 
本って読んだあとは立てておいておくではないですか。その際に派手な水色が目に入ると、どうしても書棚の風景を乱してしまう。
 
しかし、書店で販売されるときは面でおいたときに目立つ強いデザインでなければならない。
その両者の苦しい大人の事情を上手に解決している配色なのです。すばらしい。
 
そしてカバーが水色で表紙は黄色なのも意外で、わっとなりました。紙のエンボスも含めてぜひ書店で手に取っていただきたい。
 
f:id:kamomehachiko:20160519192922j:image
中身はこんな……文字色がほぼ黒に近い焦茶色。
このサイズ感もいいですよね。文章量が多いわけではなく、これの半分のサイズでもぜんぜん収まるのにあえてこの縦長のフォーマット。
 
f:id:kamomehachiko:20160519193144j:image
さらに、ノンブル(ページ番号)の位置が上にある書籍はなかなかありません。教科書はこんなんでしたね。
 
本文の紙は少し生成りで目にやさしく、薄いけれど手触りがよくて読みやすい。
ACTASやBEAMSから出されているインテリアの本もですが、本の厚みって所有欲をそそられるんですが、その割に持ってみると軽いというのが最近の流行りなのかもしれません。(書籍のデザイナーではないので詳しくないのですすみません…)
 
 
f:id:kamomehachiko:20160519212539j:image
f:id:kamomehachiko:20160519212618j:image
今日はこのページが特に印象に残りました。
きっと読み返すたびに違う言葉がフックになるような、そんな本になるだろうなあと思います。
 
そんなわけで。
紙系デザイナーはこのような片寄った見方で本を見ていたりもします、というお話でした。
書店で見かけたときに、ほうほうこの事か…と思い出してもらえればうれしいです。
 
しかしせっかくオープンした枚方T-SITEのことを書こうと思ったのに蔦屋書店の弥太郎さんの本で感動を全て持っていかれてしまいました。
 
また今度〜
 

しごとのきほん くらしのきほん 100 ー 松浦 弥太郎

 

念願のローソンの巨大シュークリーム食べてみたー!4/29の新商品感想!

f:id:kamomehachiko:20160429103339j:image

今日ははじめてのスイーツレポ。

 
三度の飯よりスイーツが好き、仕事で疲れた日はHARBSのチョコレートケーキ、仕事で疲れてない日も夜ごはんはアイス、ケーキとデザインだけで生きている超甘党の私が目をつけたのが、
 
 
4月29日(祝)、本日再発売されたローソンの巨大シュークリーム「シュー・ア・ラ・クレーム」
 
昨年2015年年末に発売されましたが、その巨大さ&話題性で即完売した人気商品の再復活です。今回はGW期間中の6日間限定とのこと。
 

購入は朝イチがマスト。

なんとしてでもゲットすべく、本日朝イチでローソンを3件まわってきました。
 
f:id:kamomehachiko:20160429094220j:image
 
見事ゲット。
京都の都会ですが、小さな店舗には影も形もなく、大型店舗にてようやく発見。入荷したばかりだったのか3つ並んでいました。
元々の入荷数が少なそうな印象です。
 

ウワサの大きさは?

 
f:id:kamomehachiko:20160429094641j:image
この高さを見よ。
まさかシュークリームのためのいれものだとは思えない、直径12cm、高さ7.5cmの容器。
 
透明のケースにぎゅうぎゅうに押し詰め込まれたシュークリームさんの姿。その堂々たる姿は王者の貫禄さえも伺えます。
 
f:id:kamomehachiko:20160429095008j:image
でーん。
我が家の一番大きなお皿にのせて、このボリューム。測ったところ、直径12cmです。ちょっとしたメインディッシュですね!
 
f:id:kamomehachiko:20160429095125j:image
ちなみに、
持ち上げるときにやたら底が固いな…?と思って裏側を見てみると、こんなシュー生地になっておりました!
見たことない、見たことないよこんな立派なシュー生地(笑)
こんな円盤みたいな焼き目、わたし、知りません。
そして、重い…!
 
でもこれだけ厚くないと中のクリームが落ちてきそうですよね。家族みんなでわいわいやるなら、しっかりした作りが大切。こんなに乱暴に扱っても破れないのは流石です。
 

大きかろう悪かろう?

f:id:kamomehachiko:20160429095510j:image
なんと美しい粉砂糖…
 

えてして、こういった「巨大」スイーツ系は、カサ増しのために雑な見た目・大味になっているのが多いもので、過去に何度も失敗しています。ですが、このシュークリームは違う。

 
初見のときの美しさの完成度がとても高い。デパ地下のショーケースにあってもおかしくないクオリティーです。
 
f:id:kamomehachiko:20160429095805j:image
この見事な焼き目も、うん、美しい。
 
ケーキは見た目の美しさと味のハーモニー、そしてそれを補足する物語性が大事だと思っています。
ローソンのシュークリーム、ここまでは満点。
 

気になるお味は?

包丁で切ってみました。
な、なんだこの柔らかさは…と思ったら
f:id:kamomehachiko:20160429100008j:image
中は全部クリーム!
 
シュークリームなので当然なのですが、えっ、こんなにぎっしりクリームなの?!ってくらい、クリームです。もう、ものすごい量のクリームです。
 
適当に切っても潰れないくらいの、クリームでした。ローソンの開発担当の思い入れ&パティシエのヤケを感じます。ここまでやってくれると、甘党としては大歓喜!
シュークリームって、皮はパリッとしてても中の空洞が多いと残念な気持ちになるんですよね。
 
f:id:kamomehachiko:20160429100340j:image
切り口のアップ!
わー!こんなにしっかりとバニラシードも!こぼれ落ちんばかりのクリームです。
そして、思わずパクッと。
 
おいしい!!!!
 
気になるクリームは、ミルクの味がとても強く、なめらかな舌触り。ざらざらした感じもなく、とてもクリーミー。口に残る後味も思ったよりもさっぱりしていて、ほのかに香るミルクとバニラの香りがしあわせな気分を届けてくれます。皮の厚さは思ったほどではなく、固すぎずやわらかすぎず、でした。
 
ハイジと一緒に緑の草原、青空の下でほおばっているような気持ちになりました。それくらい、ミルク感のあるやさしいお味。
 
なんといいますか、適当に作った感じがないのがとても好印象でした。しっかりと入念に味を吟味した過程が伺えて、よく出来ているなあ!と思います。1つ2つ、街のケーキ屋さんが作るのは簡単かもしれないけど、これだけ大量生産するのは大変だったのではないでしょうか。すごい!!
 

気になる方は、お早めに。6日間限定です。

f:id:kamomehachiko:20160429100943j:image
ぺろっと完食。
本気の甘党なのでぺろっと全部食べるつもりでしたが、おいしくいただくなら小分けにした方がいい気がして、とりあえず4分の1いただきました。
 
なんてったって
947kcal
 
本日2食分くらいの覚悟で購入しておりますので、お仕事をしながらゆっくり楽しみたいと思います。
ん?誰かと食べるのかって?
もちろんひとりでですよ^^
 
ローソン「シュー・ア・ラ・クレーム」
発売期間:2016年4月29日~5月4日
価格:540円(税込)
販売場所:ローソン店舗限定(※沖縄地域を除く)